3階建てのお風呂と洗面所を2階にした理由とメリット・デメリット




自由設計や注文住宅の場合、間取りを考えるのは大仕事ですよね?

ワクワク嬉しい反面、後悔したくないからかなり悩むと思います。

私たちも何度も何度も図面を見ながら、話し合いました。

もう「住んでみないとわからない!!」と、なんども投げ出しそうになりました。

今回は2階にお風呂と洗面所を配置し住んでみて、現在までに思ったことを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

お風呂と洗面所を2階にした理由

うちのお風呂と洗面所は、2階にしました。

それはさみしがりの主人が、みんながいる2階のリビングの隣にお風呂がいいというので採用しました。

ただ単に、違う階に行くのがめんどくさいなと思ったからかもしれません。

それとだいたい洗面所に洗濯機がありますよね?

それで私が洗濯を干すときに、ベランダが2階と3階にあるのでもって上がるのが大変だろうということでした。

お風呂と洗面所が2階のメリットとは?

確かに主人の言う通り、洗濯のことは動線的にも体力的にも2階で正解でした。

キッチンやリビングに居ても、静かなら洗濯機が終了のお知らせの音も聞こえます。

私はベランダが狭いし、寒いし、子供が気になるので、洗面所でハンガーに干してからまとめて持っていきます。

その時も、子供が何をしているか見れるし、話し相手もできるのでリビングの横でほんとによかったです。

子供が小さい時は、すぐにお風呂に入れてあげれるし冬は暖かいリビングで服を着せたりできるので快適です。

赤ちゃんの頃は、食べこぼしやうんち漏れやなどで、よくシャワーしていたので助かっていました。

洗面所で朝起きてからの顔を洗ったり歯磨きをするのも、リビングの隣なのでかなり快適です。

夜の歯磨きの時も、子供が小さいと毎回違う階の洗面所まで行き来しなくてもいいのはよかったです。

お風呂と洗面所が2階のデメリットとは?

メリットも結構あった気がしますが、やはり人間なので欲も出てきます。

2階のスペースが狭いので、おもちゃがあまり置けないので3階のにも置いています。

でも子供にしたらみんながいるリビングで遊びたいようで、結局は2階まで降ろして来てしまいます。

なので私としてはお風呂と洗面所が2階じゃなかったら、リビングがもう少し広いか、2階リビングとつながったもうひと部屋があったのにと想像してたりします。

あと、子供が外で遊んできて泥だらけになって帰ってきたときは、玄関からすぐの1階にお風呂があればと思うことがあります。

水漏れの心配は、1階より2階の方があります。

スポンサーリンク

まとめ

お風呂と洗面所を2階に配置してメリット・デメリットから言えば、メリットの方が大きいかもしれません。

子供が小さい時は、かなり快適な配置のように思います。

子供が大きくなり、私たちも年がいけばまた変わるかもしれません。

それぞれお家の広さ、予算、家族構成も違うので、こうとは言えないのですが、私たちの今の条件だと2階にお風呂と洗面所を配置して、正解だったのかと思います。

ですが、いまだに日々もう少しリビングが広くなればと思ってますけどね。

これから間取りを決める方、よかったら参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきたい、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする