鬼滅の刃23巻(最終巻)でねづこが持ってる花は?花言葉や意味が素敵!

Pocket

『鬼滅の刃』コミックス23巻(最終巻)が12月4日発売されます。

そして表紙が公開されました!!

 

みなさん、すでに表紙で感極まってる様子です。

 

 

 

そこで、23巻の表紙の禰津子が持って花のが話題になっています。

 

 

 

ということで、今回は鬼滅の刃23巻の表紙の禰津子が持って花の名前や花言葉、意味を調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃23巻(最終巻)の禰津子が持って花は?花言葉がヤバい!?

鬼滅の刃23巻の禰津子が持って花が何なのか、ネットで話題になっています。

 

調べてみると、ツイートしてくれている方がいました。

 

 

白木蓮(ハクモクレン)!!

 

開花時期は、3月~4月です。

 

みなさん、コブシやクチナシとか悩まれていた方も多かったようです。

 

ハクモクレンはコブシに似ていますが、花びらの数がコブシは6枚でハクモクレンは9枚です。

 

何のお花なのかも気になりますが、花言葉も気になりますよね。

 

ひー@乗車済(しばらく運休!)さんのおっしゃる通り、ハクモクレンの花言葉は

『気高さ』『高潔な心』『荘厳』『崇敬』『崇高』『慈悲』『自然への愛』『自然な愛情』です。

 

この花言葉から、ファンの方はそれぞれに感じる思いがあると思います。

 

鬼滅の刃23巻の禰津子が持って花の白木蓮の意味とは?

サブタイトルは「幾星霜を煌めく命」となっていますが、幾星霜とはどれくらいの歳月がたっただろうかという意味があっるそうです。

 

 

 

みなさんがおっしゃってるような長い長い冬や夜が明けていく感じなのでしょうか。

 

それぞれの感想があると思いますが、共感したり参考になったらと思います。

スポンサーリンク

鬼滅の刃23巻で禰津子が持って花のまとめ

今回は鬼滅の刃23巻で禰津子が持って花がなにか話題になっていたので、調べていきました。

 

その花は、白木蓮(ハクモクレン)でした。

 

花言葉は、『気高さ』『高潔な心』『荘厳』『崇敬』『崇高』『慈悲』『自然への愛』『自然な愛情』です。

 

禰津子が持って花の意味を考える参考になったら幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ちなみに、『鬼滅の刃』のアニメや映画を見て禰津子の声優さんのことが気になった方必見!

 

鬼頭明里さんが家族や可愛い幼少期、声優さんになるまでもわかります。

 

ねづこの声優の鬼頭明里の家族構成を紹介!父親の職業や実家は?幼少期の画像あり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.