マルシアと元旦那(大鶴義丹)なぜ離婚?娘の弥安(びあん)はどっち似?




2018年12月10日(月)12時から放送される『徹子の部屋』に歌手のマルシアさんと娘の弥安(びあん)さんがゲストで登場します。

マルシアさんは来年デビュー30周年だそうで、かなり長いんですね!

離婚されてからもう14年も経つそうで、娘の弥安さんは21歳だそうです。

番組内でマルシアさんの歌に合わせて、娘の弥安さんがギター演奏を披露するそうです。

どんな演奏か楽しみですね!

親子でセッションなんて、素敵ですよね。

そんなマルシアさんは元旦那さんの大鶴義丹さんとなぜ離婚したのでしょうか?

そして娘の弥安さんは、お母さん似か、お父さん似なのか気になりますね。

早速調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

マルシアさんのプロフィール

引用元 ワタナベエンターテインメント

【本名】 大鶴一枝マルシア

【生年月日】 1969年2月14日

【身長】 156cm

【出身地】 ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス

【職業】 歌手・タレント

【所属事務】 ワタナベエンターテインメント

マルシアさんは、1985年ブラジルで開かれた『TBS歌謡選手権』で準優勝されます。

この時の審査員だった作曲家の猪俣公章さんの目にとまり、猪俣公章さんがブラジルまで来てスカウト。

1989年1月に「ふりむけばヨコハマ」でデビュー。

「第31回日本レコード大賞」や『FNS歌謡祭』で最優秀新人賞を受賞するなど、かずかずのの新人賞を受賞されました。

その後、テレビドラマやバラエティー番組に出演し、人気を集めました。

私は人気番組の『THE夜もヒッパレ』や『おしゃれカンケイ』に出ていたイメージが強いですね。

スポンサーリンク

マルシアさんは元旦那さんの大鶴義丹さんとなぜ離婚したの?

マルシアさんと大鶴義丹さんは、1994年に放送されたテレビドラマ『オレたちのオーレ!』で共演し、 結婚します。

1997年に娘の弥安(びあん)さんが誕生。

そして2004年に離婚されました。

離婚原因は何だったんでしょう。

マルシアさんは大鶴義丹さんにぞっこんだったそうで、交際中のころから仕事をしているにもかかわらず、家事もも完ぺきにこなし、仕事を終えた大鶴義丹さんを迎えに行ってたそうです。

2013年にマルシアさんはもっと仕事をしたいけど、大鶴義丹さんは専業主婦になってほしいということでケンカ。

マルシアさんは家出しホテルに泊まり、翌朝用事で自宅に帰ると見知らぬ女性がなんと3人も連れ込んで、修羅場となりました。

これは離婚に至るのも仕方がないですね。

大鶴義丹さんさんはマルシアさんに何度も謝罪したそうですが、怒りは収まらず2004年9月に離婚しました。

離婚後はマルシアさんと娘の弥安さんは、大鶴義丹さんと3人でよく会っているそうです。

娘さんのためにも、マルシアさんはえらいですね。

スポンサーリンク

娘の弥安(びあん)さんはお父さん似?

引用元 https://www.tv-asahi.co.jp

どうですかね。

かなりお父さんの大鶴義丹さんとよく似ていますね。

でもご本人の弥安さんは、お父さんに似ていると認めたくないみたいです。

でも誰もが似ているというので、認めざる負えなくなったそうです。

どうしても女の子は、お父さんに似る傾向にありますよね。

また年が経てば顔立ちも変わるかもしれないですし、マルシアさんに似てくるかもしれませんね。

マルシアさんと娘の弥安さんについてのまとめ

マルシアと元旦那(大鶴義丹)はなぜ離婚したかというと、ほぼ大鶴義丹さんの浮気という感じですね。

娘の弥安さんははどっち似かというと、大鶴義丹さんに似てますね。

これからもマルシアさんの活躍と、娘さんのテレビでの活躍も応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする