血圧が下がる食事はみそ汁にレモン!美味しくて高血圧予防はなぜ?




2019年3月12日(火) よる7時~放送の『この差って何ですか?』は、最新健康常識に菊池桃子も仰天SPということで、平成元年と平成最後で激変した健康常識の特集です。

その一つに、「高血圧に塩分の多いおみそ汁はよくないとされていましたが、

実はおみそ汁は血圧が下がる効果があった!」とありました。

そして、高血圧予防になるのはおみそ汁と何でしょう?

おみそ汁にレモンだそうです。

ということで今回は、なぜおみそ汁とレモンが血圧を下げるのか調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

おみそ汁みそは高血圧によくないはウソ!

高血圧になると、とりあえず塩分に気を付けないといけないですよね。

そしておみそ汁は塩分が多い食事になるので、高血圧にはよくないとされていました。

なんとなくそれは皆さん知っていましたよね。

それがまさかの!!

おみそ汁が血圧を下げる効果があるそうです!!

もう、びっくりですね!!

飲んでよかったんだ!

むしろ飲んだ方がいいなんて。

おみそ汁を我慢していた高血圧の方、かなりうれしいですね。

逆に「我慢はなんだったんだ!」と悔しくなりますね。

ご飯におみそ汁って、最高です。

なぜ、おみそ汁が血圧を下げるのか?

ではなぜ、おみそ汁が血圧を下げるのか気になりますね。

実は、この研究をされたのは共立女子大学の研究室の学生の方なんです。

その学生の方が、「おみそ汁を飲むと本当に高血圧になるのか?」と疑問に思ったのが始まりだそうです。

ラットの実験と、人にも3ヶ月間毎日おみそ汁を2杯飲んでもらったそうです。

すると全くもって血圧に影響しなかったんです。

そしてさらに、おみそ汁のみその大豆由来の血圧を下げる成分と、米麹由来の腎臓から食塩を排出する成分があったからです。

ということで、おみそ汁は血圧を下げて下げて、さらには塩分まで排出してくれるんです。

高血圧になったら食事に悩みますが、おみそ汁は手軽でうれしいですね。

高血圧予防におみそ汁が欠かせないですね。

スポンサーリンク

おみそ汁にレモンは美味しいし、高血圧予防に効果倍増!

おみそ汁にレモンを入れると、さらなる血圧を下げる効果があるそうです。

レモンにも血圧を下げる成分があります。

レモンには「フラボノイド」と「ビタミンC」が多く含まれていて、この二つが血圧を下げて血管をきれいにしてくれます。

なるほど、それでお味噌汁にレモンを入れると血圧を下げて、高血圧予防にも抜群というわけですね。

お味噌汁とレモンのそれぞれの効果が合わさり、相乗効果が得られるのでやらないと損ですね!!

でも、「おみそ汁にレモンを入れるとどんな味?」と思いますよね。

お出しとおみその味が台無しになりそうだったり、酸味のあるお味噌汁はお味噌汁じゃない気がします。

実は美味しくて、クセになるかもしれません!!

その美味しさは番組の『この差って何ですか?』でも試食するそうなので、出演者の方々の反応で確かめてみてくださいね。

やってみたくなるはずです。

ちなみに、お味噌汁にレモン汁をお好みの量を入れるだけ!

レモンの皮の方が栄養価が高いので、レモン丸ごと冷凍しカチカチになったレモンをすりおろしたものを、お味噌汁に入れるとより効果が高いそうです。

皮もとなると、国産のレモンを使った方がいいかもしれせん。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、お味噌汁が血圧を下げる効果があることと、お味噌汁にレモンを入れるとさらに相乗効果なことがわかりました。

高血圧にもよくて、簡単で美味しいので続けやすいと思います。

ぜひ、あなたも一度試してみてはいかがでしょうか。

健康的な食生活、美味しいほうがいいですよね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする