中垣正太郎アナはカンタベリー大学のラグビー部!プロフィールや経歴、両親は?




2020年6月9日18時55分~放送の『内村のツボる動画』で、

中垣正太郎アナウンサー(テレビ東京)のあの素敵な歌声が聞けるそうです。

 引用元 https://talent.thetv.jp

中垣正太郎アナの歌うまがわかったのは、

テレ東のYouTube動画で

「声を使う職業のアナウンサーは歌がうまいのか?」という企画で、

若手アナウンサーたちの歌う姿を動画に。

そこで注目を集めたのが、中垣正太郎アナだったということです。

そして番組『内村のツボる動画』で、

ウッチャンから神の子と呼ばれるように。

そんなイケメンで歌うまな中垣正太郎アナ

なんですが、どんな方なのでしょうか?

ラグビーの名門大学でラグビーをしていたこと、

プロフィールや経歴、両親について調べていきたいと思います。

経歴やご両親の影響などから、歌うまになったのか気になるところですね。

スポンサーリンク

神の子 中垣正太郎アナのプロフィール

【名前】 中垣 正太郎 (なかがき しょうたろう)

【生年月日】 1992年7月22日

【年齢】 27歳(2020年6月現在)

【出身地】 神奈川県

【血液型】 A型

【入社年】 2018年

【趣味】 ラグビー、ゴルフ、スポーツ観戦、カラオケ

現在入社3年目なんですね。

体格がいいのも、スポーツが大好きな方なんですね。

そして、カラオケが趣味に入っていますね。

あの歌のうまさは、趣味やカラオケのレベルを遥かに超えてしまってますよね。

なぜ歌うことをお仕事にされなかったのかと、思ってしまいます。

ウッチャンにも、

「彼はなぜアナウンサーになった!?」

と驚いていました。

誰もが思いますよね。

でも、中垣正太郎アナはらアナウンサーになっていなかったら、

スポーツに携わる仕事、でなければパイロット!だそうです。

中垣正太郎アナのかでは、

あくまでも歌うことは趣味だとわかりました。

神の子 中垣正太郎アナはカンタベリー大学でラグビーと英語を習得

中垣正太郎アナは幼稚園から高校生までは、

一貫して市立学校の玉川学園を卒業。

ちなみに玉川学園は音楽教育に力を入れているそうで、高校生まで常にそういう環境で過ごされたという意味では、今現在の中垣正太郎アナの歌にも繋がっていそうですね。

そして大学は、ニュージーランドのカンタベリー大学を卒業。

メディア・コミュニケーション学部で、海外のメディアも勉強されてきたということですね。

大学時代をニュージーランドで過ごしたことで、さらに英語力があるようです。

アナウンサーとして3か月目のころに、さらっと英語でインタビューされていてさすがですね。

中垣正太郎アナは10歳からラグビーをしていたようで、ラグビーで有名なニュージーランドのカンタベリー大学を進学しました。

2015年のラグビーのワールドカップで日本代表が南アフリカに勝った時に、アナウンサーが大感動を呼んでいたのに刺激を受け、アナウンサーになろうと決めたそうです。

中垣正太郎アナが大好きなラグビーとその時の感動で、ご自分も感動を伝えるアナウンサーになりたいと思われたのでしょうか。

中垣正太郎アナがアナウンサーになられた理由がわかりましたね。

引用元 https://www.picomico.com

スポンサーリンク

神の子 中垣正太郎アナの両親は?

中垣正太郎アナのは、ニュージーランドに留学や顔立ちがハーフっぽいことや、ラグビーをしていたことなど父親や母親の影響なのか気になりますよね。

ですが、ご両親について調べたのですが、残念ながら見当たりませんでした。

わかり次第追記します。

中垣正太郎アナのカラオケ十八番は、尾崎紀世彦さんの『また逢う日まで』だそうです。

かなり古い曲ですよね。

中垣正太郎アナは当然生まれてないときの曲です。

実はご両親と祖父母とくらしていた実家で、いつも昭和歌謡曲が流れていたそうです。

勝手に覚えちゃったそうです。

邦楽も洋楽も80年代のアーティストが好きということです。

やはり両親や祖父母の影響は、かなりあるんですね。

ますます、どんなご両親なのか気になります。

神の子 中垣正太郎アナのまとめ

今回は中垣正太郎アナの大学でラグビー部だったことや、プロフィールや経歴、両親について調べていきました。

歌がうまいこと以外に、ラグビーの名門のニュージーランドの大学でラグビーをされていたり、英語が堪能だということがわかりました。

今回の番組放送で、中垣正太郎アナのファンがまた増えること間違いないですね。

私もその一人です。

そしていつか、ラグビーの試合の実況をされるのも楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする