ドリンクメイト620の口コミ!評判が悪いのはなぜ?強炭酸は?

Pocket


みなさんは炭酸水って飲みますか?

実は今、近年の健康ブームで炭酸水が人気なんです!

最近は、レモンや桃などの風味のついた炭酸水も多く見かけるようになりましたが、炭酸水の一番の魅力は、「水」であること!

コーラでもビールでもないので、とてもヘルシー。

普通の水を飲む時には感じられない「のどごし」を感じられるのもいいところですよね!

そんな炭酸水、ペットボトルで購入されている方も多いと思いますが、実は炭酸水は「作れる」んです!

今回はそんな炭酸水を作ることができる、炭酸水メーカー「ドリンクメイト 620」をご紹介したいと思います!

炭酸水メーカーに興味のある方、他社の製品と迷っている方、ぜひ参考にしてみてください!

 

ドリンクメイト620の商品説明!

では、「ドリンクメイト 620」を詳しく見てみましょう!

水以外の飲料を炭酸注入!

 

 

もちろん水を炭酸水に変化させて飲むことは、「飲んでる!!」という実感を得つつも、ヘルシーに水分補給できるというメリットがあります。 炭酸水メーカーも各社から多種多様なものが発売されていますが、この「ドリンクメイト620」の最大の特徴は、水以外の液体にも使用できる」といった点です。

しかし、ずっと「炭酸水」ばっかり飲んでいると、飽きてしまいそう、、、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

このドリンクメイト620は水だけでなく、ジュース、スポーツドリンク、コーヒー、紅茶、ワイン、日本酒、焼酎、カクテル、ハイボールなどなど、様々な飲料を炭酸にできるのです。

他社では、飲料水から作る炭酸水の中にフレーバーなどを混ぜて、様々な風味を出すことができる製品はありますが、こちらは飲料を直接炭酸にするので、味や風味はそのままに、炭酸ののどごしを感じられるのです!

そして更におすすめの使い方は、ビール!

夏はもちろんですが、一年中ビールを嗜むという方も多いかと思います。

ただ、寒い季節になって来ると「ビール缶開けちゃったけど、あんまりゴクゴクは飲めないし、仕方なくチビチビ飲んでいたらいつの間にか炭酸抜けちゃって残念な味に、、」という経験をお持ちの方は少なくないはず。

ドリンクメイト620は、ビールにも使用できる(飲料は専用容器に移す)ので、抜けてしまった炭酸を「復活」させることができるのです。

美味しいものをずっとおいしいく飲めるって嬉しいですよね!

電源が不要

単純なことですが、かなり大事なことです(笑)

炭酸を注入する作業の全てに電源を必要としないので、置き場所を選びません。

コンセントを探したり、延長コードを引っ張り回す必要もないので、テーブルの上や食器棚の中など好きな場所ですぐに使えます。

炭酸強度を調節できる

これも大きな特徴と言えます。

もちろん、炭酸を注入する時間、つまりボタンやレバーを押し続ける時間を変えれば炭酸強度は調節できるのですが、それだと毎回炭酸の強度が変わってしまったり、作る人によって変わってしまったり、一定の強度の炭酸水を作ることは難しいです。

「ドリンクメイト620」は、炭酸の強度を調節するダイヤルがついており、このダイヤルで強度を選んで、隣のボタンをプッシュ!

これだけで望んでいた強度の炭酸を作ることができるのです!

もちろん、ダイヤルで選んだ強度に仕上がるので、誰が作っても同じ炭酸の強度に仕上げることができるのです!

炭酸水が毎日の習慣になっている方にとってはこれはとても便利な機能ですよね!

その他、ノズルも丸洗いができて衛生的な点や、見た目で直感的にわかりやすい操作性など、ご家庭でも長く使いやすい商品となっています。

ドリンクメイト620の口コミ評判!

では、実際の使用感はどうなのでしょうか?クチコミを見てみましょう。

  • クチコミ1
    「初めて使いましたが、予想以上にじっくりと炭酸が溶けているような印象でびっくりです。なんとなく上品な味がします」

 

  • クチコミ2
    「他社のものとずっと迷っていたのですが、お酒もジュースも対応しているという点が気に入ってこちらを購入しました。買ってよかった!」

 

  • クチコミ3
    「買い物の度に何本もペットボトルの炭酸を買っていました。これなら買い忘れることもないし、ペットボトルのゴミも減るし、もっと早く買えばよかったです。」

 

  • クチコミ4
    「日本酒に使用してスパークリング清酒や、ワインに使用してスパークリングワインなど、美味しいお酒を楽しんでいます。」

 

購入後に気に入った方は、かなりの満足感ですね!

やはり飲料水以外の飲料にも使用できるという点は、大きなメリット!

また、これは炭酸メーカー全般に共通することですが、やはりペットボトルの煩わしさから解放されるという点はかなり嬉しいポイントのようですね!

ドリンクメイト620の悪い評判はなぜ?解決策は?

そんな「ドリンクメイト620」ですが、一方ではこんな声も見られました。

  • クチコミ5
    「炭酸が弱い。自分には物足りない感じがする」

 

  • クチコミ6
    「市販の炭酸水よりも強い炭酸とは言えない。期待していただけに少しショック」

 

  • クチコミ7
    「思ったよりガスの減りが早い。思っていたより減りが早くて困っている。」

 

といった、デメリットもいくつか見られます。

確かに炭酸の強さは、人それぞれ好みがあるかと思います。

炭酸を注入する飲料によっても変わるかと思いますが、その感じ方も様々です。

飲料が冷えてないから!

飲料が冷えていないことも原因かもしれません。

炭酸は温度が低いと溶けやすく、よって抜けにくいんです!
氷を入れればいいと思わず、強炭酸の為にはキンキンに冷えた飲料で炭酸を注入すれば大丈夫です。

ガス注入時のボタンの押し方が重要!

クチコミでボタンを長押ししてたけど、YouTubeで作り方を見たら短く押すと強炭酸ができたと言っていました。
 
強炭酸を作るには、ボタン操作で短く押すのがコツです。

ドリンクメイト620のメリット!

ドリンクメイト620の大きなメリットがあるのですが、「ガスシリンダーの容量」です。

ガスシリンダーとは、炭酸の元となるガスが詰め込まれているボンベのことです。

 

 

一般的な炭酸メーカーは60L(リットル)のシリンダーが主流なのですが、なんとこの「ドリンクメイト620」は142Lという大容量のガスシリンダーに対応しているのです。

ガスシリンダーが大容量になれば、1回あたりの炭酸水を作るコストが低減する上に、ボンベを交換する手間も減るということになります。

「毎日、手軽に炭酸水を楽しみたい!」という方には、この大容量ガスシリンダー対応のモデルはかなりおすすめです!

ドリンクメイト620の口コミまとめ

今回はドリンクメイト620の口コミと悪い評判はなぜなのか、調べていきました。

ドリンクメイトの一番のいいところは、水以外に使える!

ドリンクメイト620なら、炭酸が抜けたコーラやビールの炭酸を復活させれる日が来ます。

他にも何でも炭酸飲料にできるので、実験みたいで楽しいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.