シャープのふとん乾燥機UD-BF1の口コミ!電気代高い?きのこが活躍!

Pocket


冬の寒い夜、ふとんに入ってヒヤッとした経験はありませんか?

また、「毎週毎週ふとんを干しているけど、本当にダニ退治や除菌はできているのか心配」

「干しても干しても匂いが消えていない気がする」

「ふとんを干して出かけると天気が心配で気が気でない」

と言ったお悩み、お持ちではありませんか?

今回はそんなお悩みのお持ちの方へ、シャープのふとん乾燥機UD-BF1をご紹介します!

「でもふとん乾燥機ってずっと温めるわけだし、電気代が高そう。。」

「知り合いから勧められたけど、実際買うまでは。。。」

と迷ってる方のために、

「メリットデメリット比較」「似ている商品との比較」も交えてご紹介していきます!

シャープのふとん乾燥機UD-BF1の商品説明!

では、まずはふとん乾燥機UD-BF1の特徴から見ていきましょう!

「きのこアタッチメント」で簡単にしっかりふとんを暖めてくれる!

この製品の特徴的なポイントである「きのこアタッチメント」

「ふとんにホースを突っ込んで乾燥させていたけど、ホースの出口辺りしか暖まってない」

ふとん乾燥機をお持ちの方は誰もが経験したことのある失敗だと思いますが、UD-BF1では温風が出てくるホースの先にきのこの形をしたアタッチメントがついており、この失敗を解決してくれます!

きのこの「傘」の部分でふとんを持ち上げながら温風を送り込むため広い範囲の暖めが可能となるのです。

しかも、ホースは一本なので本体からホースを2本引き出してふとんの端と端に差し込んで、、、という手間から開放されます!

ふとんの枚数が多ければ多いほど、嬉しいポイントですよね!!

温風とプラズマクラスターで安心のダニ対策!

やはりシャープといえば「プラズマクラスター」ですよね!

UD-BF1にも安心のプラズマクラスターがもちろん搭載されています。

温風でしっかりとふとんを暖めてダニを退治。

一般的なふとん乾燥機だとこれは当たり前の機能ですが、UD-BF1はプラズマクラスターの働きで、ダニのふんや死骸がふとんに付くのを抑制してくれたり、気管支炎や呼吸器疾患の原因となるアレル物質の作用を抑えてくれたりするのです!

これはお子様がいらっしゃるご家庭にはかなり重要なポイントになってきますね!

衣類・くつの消臭・乾燥機能で1年中使える!

「冬のシーズンしか使わないのに買うのはちょっと気が引けてしまう」

季節ものの家電は買うのに勇気が必要ですよね、、、結局クローゼットの奥に眠ってしまったり、、、(笑)

しかし、UD-BF1は1年中活躍できるというのもウリのようです!

具体的には、

「部屋干ししている衣類の乾燥・消臭」

「乾きにくいくつやブーツの乾燥・消臭」などふとん以外にも活躍できるようです!

つまり、「梅雨時期は部屋干ししかできないけどいつも生乾きでその匂いにもうウンザリ」「真っ黒になった子供のシューズを洗ったけど全然乾かない・・・コインランドリーに走るべきか、、、」といった1年中つきまとう家庭のお悩みも解決できそうですね!

シャープのふとん乾燥機UD-BF1の口コミ!

では、実際気になるクチコミを見ていきたいと思います!

そこから、ふとん乾燥機UD-BF1のメリットとデメリットを上げてみたいと思います!

口コミまとめ!

実際のクチコミを見てみましょう!!

クチコミ1

「部屋干しの乾燥にも使えるという点に惹かれて購入。ベッドサイドからきのこアタッチメントをふとんの中に入れてスイッチオンで完了。買うときには意識していなかった消臭効果いも実感。ふとんはふっくらと仕上がり満足です」

クチコミ2

「マットなしですが、隅々まで暖まります。ホースが少し頼りない気もしますが、、、」

クチコミ3

「見た目も可愛く、シャープ製という安定の品質にも惹かれて購入しました」

クチコミ4

「実際ダブルサイズには厳しい。端っこは暖まっていませんでした。またもう少しホースが長ければ使い勝手が良いのですが、、、」

クチコミ5

「ちょっと音が大きいと感じました。空気清浄の機能を使用するとかなり気になります。機能的には問題ありませんが、睡眠中はつけてられないです。」

メリット

・寒い冬でも暖かいふとんに入れる

・セットして運転しておくだけで簡単気軽にダニ退治ができる

・重いふとんを引っ張り回して外干ししなくて良い

・ふとん以外にも衣類やくつにも使用できて経済的

デメリット

・毎日寝る前にセットするのが面倒

・1度に1枚のふとんしか暖められない

・電気代がかかる(外干しすればかからない)

・置き場所を確保しないといけない

クチコミでは、ホースへの不満や運転時の音の大きさへの不満が目立ちましたが、ふとんの暖まりにはみなさん満足している様です。

ただ、ふとんのサイズはシングルやセミダブルくらいまでがおすすめのようです。

シャープのふとん乾燥機UD-BF1とUD-CF1の違いを検証!

家電選びでやはり気になるは「似ている機種があるけど結局何が違うの?」というポイントですよね!

ここでは同じシャープの型番までそっくりのUD-CF1と比較してみたいと思います!

結論からお話しすると衣類乾燥ができるか・コンパクトかどうか」が違いになります。

実は、この2つ以外にはあまり大きな違いはないのです。

製品の仕様を見てみると、空気浄化機能はどちらも備わっていてどちらも約6畳の浄化性能。くつ乾燥用のアタッチメントもどちらも付属しています。

しかし、UD-BF1は「きのこアタッチメント」を生かした衣類の乾燥機能が備わっております。(UD-CF1は衣類乾燥できない)

また、重量はUD-BF1が約4.0kgに対し、UD-CF1が約3.1kgと若干UD-BF1が重い結果になっていますが、本体底面の形状はUD-BF1が正方形のタワー型のような形をしており、見た目にコンパクトな印象を受けます。

UD-BF1には「転倒時運転停止装置」が搭載されており、小さい子供がいらっしゃるご家庭にはうれしい機能です。

そして見た目もスタイリッシュなため、使う度に収納せずにふとん乾燥機を置いたままにしておきたいご家庭にぴったりな機種となっています。

気になる電気代は?やっぱり高いの?

ふとん乾燥機となるとやっぱり気になるのは電気代ですよね。

「ふとんが暖かいのは幸せだけど、電気代かかると考えるとちょっと、、」

と気乗りしない方も多いかと思います。

気になる電気代ですが、この2つの機種、実は電気代はほぼ変わりません!

UD-BF1が1時間あたり電気代約14円なのに対し、UD-CF1は約13円!(50Hz時で比較)

その差たったの1円!消費電力にはほぼ差はないといっても良いでしょう。

では、この1時間あたり、14円という電気は高いのでしょうか?安いのでしょうか?

仮にエアコンの暖房で寝室全体を暖めた時と比較してみましょう。

 

UD-BF1の1時間あたりの電気代が約14円。それに対し、一般的なエアコンの暖房運転の電気代は1時間あたりなんと約40円!(主に6畳用、消費電力の最大値で計算)

エアコンは部屋全体を暖めるのに対し、ふとん乾燥機は、ふとんそのもの、ふとんの中の空気を暖めるので当たり前の結果ではありますが、実際、ふとんに潜ってしまえば、ふとんの外の温度は関係なく暖かさを感じられますよね?

必要なところを必要なだけ暖めることは電気代の節約になるとも言えますね!

シャープのふとん乾燥機UD-BF1の口コミ!電気代が高い?のまとめ

今回はシャープのふとん乾燥機UD-BF1の口コミと電気代が高いのかを調べていきました。

UD-BF1は見た目が可愛く、靴や衣類も乾燥できて年中無休で活躍してくれます。

そして気になる電気代は、エアコンの暖房機能の1時間当たりと比べて約26円節約できます。

電気代がそれほどかからずに、寒い冬にあたたかいお布団で寝れるって幸せですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.